ソルダムは、独自のケース二重構造化ソリューション「R-I/Eシステム」を採用したベアボーン「ALTIUM ALCADIA X-4 i945」を10月下旬に発売する。「WiNDy Online」価格は、6万5100円から。

 ケース二重構造化で冷却性能と静音性能を高次元で両立。インテル945Gチップセットを搭載し、デュアルコアプロセッサPentiumDに対応したAOpen社製高性能マザーボードUX945Gを採用するとともに、ATX電源搭載が可能で、HDDを最大3基、最新のグラフィクスカードも搭載する。

 各マザーボードの仕様に対応したインターフェイスボードを裏面から汎用ブラケットにより固定、マルチメディア対応PCとしてのユーザビリティを確保。フロントマスクも簡単に着脱できる。

 このほかの特徴は、(1)PCI Express x16を一基、PCIスロットを一基搭載、(2)着脱式ドライブベイ、(3)防振対策として効力を発揮するインシュレータとして、視覚的な高級感を発揮する大口径プラフット(アルミスタンプフォイル仕上げ仕様)を標準実装、(4)アルミ削り出しスイッチ&LEDリフレクター、(5)7.1チャンネルオーディオ対応――など。