NECおよびNECパーソナルプロダクツは10月6日、NEC製パソコンのトラブルを事前に回避する予防保全型サービスへの取り組みを強化すると発表。第一段階として、「セキュリティ監視・修復サービス」を無料で提供開始した。

 パソコンに監視プログラムをダウンロードするだけで、パソコン側で、セキュリティパッチの適用状態やウイルス対策ソフトのバージョンなどを常時監視するもの。インターネットに接続した状態で常時最新のプログラムに自動更新するため、常に高レベルでのセキュリティ監視を行うことができる。

 セキュリティ上危険性の高い要因を検出した場合は、従来から提供しているPUSH型配信情報サービス「121ポップリンク」を利用して、ユーザーのパソコン画面に警告メッセージと解決方法を表示するとともに、1クリックでセキュリティ設定を自動的に変更することも可能。

 スタート時に用意する監視項目は、セキュリティホール関連やInternet Explorerのセキュリティ設定など14項目。10月末には、ファイアーウォール関連/ウイルス対策ソフト関連/各種アプリケーションやOSのセキュリティ設定など、約50項目まで拡大する予定。