NECは、コンパクトサイズのA4対応モノクロレーザープリンタ「マルチライタ1150」を10月13日に発売する。価格は4万1790円。今後1年間で1万台の販売を目指す。従来機に比べて高さを約6割に抑えるとともに、最高20頁/分の高速出力、最大250枚給紙可能な用紙カセットを標準装備した。

 コンパクトエンジンの採用によって、本体の高さを従来機と比べ約6割の16.5cmに抑え、、デスクサイドやラックの上にもすっきり設置できる。また、給紙部が本体に収まるカセットタイプなので、従来機に比べて防塵性にもすぐれ、店舗のバックヤードなどにも適している。

 性能面では、最高20頁/分の高速エンジンの搭載、高速RISCチップによるデータ処理の高速化で、実印刷速度を従来機比2.2倍と高速化。また、ウォームアップ時間が21秒、印刷指示から1頁目出力が完了するまでのファーストプリント時間が約10秒と、窓口業務で1枚だけ素早く出力したいといったニーズにも対応する。

 このほかの特徴は、(1)最大250枚給紙可能な用紙カセットを標準装備、(2)IEEE1284規格準拠双方向パラレルとUSB2.0(Full-Speed)インターフェイスを標準搭載、(3)高速イーサネット100BASE-TX(TCP/IP)にもオプションで対応――など。