パソコンやデジカメ、携帯オーディオプレーヤーなど、身の回りはデジタル機器であふれている。デジタルデータは、扱いやすく、保存場所として物理的なスペースがいらない。しかし、操作ミスや事故などで、データが消えてしまう場合も少なくない。そんな事故やミスから、素速く簡単にファイルを救えるツールとして、インターコムの「Super ファイル復活 2」が注目されている。

 同様のデータ復元ツールはいくつかあるが、それらの多くは膨大な削除ファイルリストの中から、必要なファイルを見つけ出さなければいけない。その労力は大変な負担となっていた。

 「Super ファイル復活 2」は、ファイルの検索方法に「高速スキャン」「完全スキャン」「フォーマット復活」が用意され、ファイルシステムの削除情報だけでなく、目的に応じて、クラスタやセクタ単位で検索できるのが特徴。

 さらに、目的のファイルを素早く見つけられる「AI検索」を搭載。「AI検索」は、ファイルの中身を検証し、ファイルのタイプを自動認識するため、拡張子などが変更されていても、確実にファイルの種類を認識する。認識可能なファイルタイプはグラフィック(29種)、マルチメディア(16種)、ドキュメント(42種)、電子メール(5種)、データベース(19種)、圧縮ファイル(7種)の計117種となった。また、それ以外のファイルについては「Other Deleted Files」に分類されるため、確実に探し出せる。

 リストから、ファイル名や日付、サイズなどで絞り込みもでき、復活させたいファイルに少ないアクションでたどり着ける。

 リストアップされた削除ファイルは、ファイルタイプごとに分類される「ファイルタイプビュー」や、削除したフォルダ情報から探すことができる「フォルダビュー」のツインビューによって簡単に見つけられる。

 ファイル名が不明な場合には、「独自プレビュー」機能を活用し、画像ファイルやドキュメントファイルであれば閲覧、音楽ファイルであれば試聴できる。これにより、探しているファイルを簡単・確実に見つけることができる。

 「Super ファイル復活 2」は、初心者からパワーユーザーまで幅広く使える復元ツールだ。もしもの時の切り札として心強い。

 なお、復元直前までのすべての機能を体験できる「Super ファイル復活 2」の体験版(期限なし)のダウンロードも可能で、インターネットで「シルアル番号」を購入すると正規商品としても使える。転ばぬ先の杖として、インストールしておくといいだろう。