• ホーム
  • トレンド
  • ドコモ、ahamoに移行時の注意点を公開 事前に変更・廃止手続きを呼びかけ

ドコモ、ahamoに移行時の注意点を公開 事前に変更・廃止手続きを呼びかけ

 NTTドコモが公開した「ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意」に基づき、ドコモの従来プランから、2021年3月26日開始予定の「ahamo(アハモ)」にプラン変更する際の注意点のうち、特に重要だと思われるポイントをピックアップした。

ahamoは2021年3月26日スタート。
先行エントリーは前日3月25日まで

 ahamoの契約にあたり、dアカウント発行・dポイントクラブ入会、オンライン発行dポイントカード番号の発行・dポイントカード利用者登録が必要。すでにdポイントカード利用者情報を登録している場合、ahamoの申し込みと同時にdポイントカード利用者情報がahamo回線の利用者情報に更新され、既存のドコモ口座などは全て廃止となり、d払い残高(ドコモ口座の残高)がある場合、処理手数料550円がかかる場合がある。

 つまり、ahamoに移行予定のドコモ回線にひも付いたd払い残高は、念のため事前に使い切っておくほうが安心だ。なお、ahamo利用中は、dアカウント、dポイントクラブ、オンライン発行dポイントカード番号の廃止はできない。
 
ahamoの申込みはオンラインのみ

 ほかにも、「シェアパックの廃止または代表回線の変更」「(ahamo回線に変更したい)データ専用プランの音声対応プランへの変更」「請求書払いから口座振替・クレジットカード払いへの変更」「請求書送付先住所と契約者住所が異なる場合は同一に変更」「料金明細の郵送での確認をウェブでの確認へ変更」など、事前に「申込・変更・廃止」が必要な項目が多数挙げられている。
 
事前に申込・変更・廃止が必要なサービス(一部)

 さらにahamoへ移行すると、「spモード コンテンツ決済サービス」の継続、ドコモメール・ドコモ電話帳の継続が不可となる。キャリアメールであるドコモメールについては、メールデータ・メールの設定情報・各種メールアドレス全てがサーバーから削除され、ドコモ電話帳については、クラウド同期しているデータも消去され、ともに復旧は不可能になる。
 
「spモード コンテンツ決済サービス」「ドコモメール」はahamoでは利用不可。
プラン変更に伴い、自動廃止される

 また、ahamoは「ワンナンバーサービス」と、主回線・ペア回線(データ専用プラン)の2回線で主回線のデータ容量を分け合う「データプラス」非対応と判明。Apple Watch GPS + Cellularモデル、2台目のタブレット端末・モバイルWi-Fiルータと組み合わせて使えない。契約者年齢・利用者情報登録も従来とは異なる。
 
事前に必要な手続きは、オンライン(Mydocomo)、
ドコモ インフォメーションセンター・ドコモショップで受け付ける

 注意事項に全て目を通し、今の契約内容で事前に申込・変更・廃止が必要なサービスが多数あると判明したら、ahamoへの移行はハードルが高いといえよう。
 
ahamoに関する注意事項

 なお、ahamoの月額料金は当初は税別で2980円だったが、21年4月1日から総額表示が義務付けられることもあり、「税込月額2970円・月間データ量20GB・1回5分以内の国内通話料無料」に変更になっている。当初の税別2980円だと税込み3278円になるため、支払総額は1回線につき308円下がった。
 
dカード特典に関する従来の料金プランとahamoの比較

 ますますコスト面のパフォーマンスは高まったが、ahamoは、dカードなどのドコモの決済サービスと、ドコモの4G/5Gネットワークだけ利用したい人向け、自身でオンラインで手続きを完結できる人向けとの見方が強い。サポートコストの削減(電話・ショップでのサポートなし)、家族間通話無料なし(同一「ファミリー割引」グループ回線からのahamo契約回線への発信は無料)、子育て世代向けの「ドコモ子育て応援プログラム」「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」の自動廃止などが安さの理由ということになる。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事