• ホーム
  • 業界動向
  • マイナンバーカード申請に興味あり、河川敷のスタバや超PayPay祭にも注目

マイナンバーカード申請に興味あり、河川敷のスタバや超PayPay祭にも注目

時事ネタ

2021/03/06 12:30

【話題のニュースダイジェスト】 2021年2月26日から3月4日までの期間、「BCN+R」で話題だったのは、マイナンバーカードの申請に関する記事だった。また、スターバックスが河川敷の大型公園にオープンする記事や「超PayPay祭」をはじめとしたスマートフォン(スマホ)決済サービスのキャンペーンも注目を集めた。さらに、ふるさと納税やスマホの料金プランに関連した記事も多く読まれた。ニュースを振り返る。

今なら間に合う!

 マイナンバーカードは、マイナンバーが記載されたICチップ付きカードだ。非常に便利だが普及率は伸び悩んでおり、持っていない人も多い。現在、簡単に申請ができる「マイナンバーカード交付申請書(QRコード付き)」が順次送付されており、まさに申請する良い機会だ。
 

 まだ「マイナンバーカード交付申請書(QRコード付き)」が届いていない人も、順次送付されるのでポストをチェックしてみてほしい。今が申請のベストなタイミングだ。

全国初、河川敷の大型公園にオープン

 新しいにぎわいスポットとして埼玉県狭山市が官民と連携し整備を進めている、入間川沿いの河川敷中央公園「入間川にこにこテラス」に出店するカフェが「スターバックス コーヒー」に決定した。市が整備している大型遊具などの一部の施設は、3月16日に利用開始する。
 

 入間川にこにこテラスのコンセプトは、入間川の自然の景観美を生かしたサードプレイスの創出。店舗名は「スターバックス コーヒー 狭山市入間川にこにこテラス店」で、3月5日7時にオープンする。狭山市内では初の出店となり、ドライブスルーにも対応する。

スマホ決済キャンペーンを賢く使う

 スマートフォン決済サービス各社のキャンペーン合戦が盛り上がっている。3月になったと同時に新規キャンペーンが続々とスタート。還元率や対象店舗はさまざまで、一部の店舗では被りもあるため、ユーザーの中にはどれを使えば一番お得か悩んでいる人が多いかもしれない。
 

 まず最も優先すべきはPayPayが3月28日まで実施している「超PayPay祭」で、次に押さえておきたいのがau PAYの「たぬきの恩返し」キャンペーン。また、各社が注力している地域限定キャンペーンもインパクトが大きい。還元率や使える店舗の数などで使いやすさも高いので、実施地域が生活圏の人はそちらを優先するのもありだ。

「ヨギボー」がもらえる

 ふるさと納税ナビは、ふるさと納税でもらえるビーズクッション「ヨギボー(yogibo)」のおすすめランキングTOP5(2月24日時点)を発表した。
 

 ランキングの1位は、「Yogibo Max(ヨギボー マックス)」。次いで、2位が「Yogibo Short(ヨギボー ショート)」、3位が「Yogibo Lounger(ヨギボー ラウンジャー)」、4位が「Yogibo Support(ヨギボー サポート)」、5位が「Yogibo Double(ヨギボー ダブル)」などとなっている。

“格安”をかけた価格競争

 ドコモ、auソフトバンクの3大キャリアは、それぞれ「ahamo(アハモ)」「povo(ポヴォ)」「LINEMO(ラインモ)」といった低料金プランを発表した。サービスの提供前から注目度は高く、3社による競争は激しくなりそうだ。一方、MVNOはこれまで「格安SIM」と呼ばれるほど“安さ”を強みとしていたが、追い詰められた状況だ。しかし、「データ接続料」の値下がりを見据え、新しく低廉なプランを打ち出したMVNOもある。
 

 一時期の格安SIMブームを受けて多くのMVNOが誕生したが、これからは厳しい状況に追い込まれるサービスも現れてくる。新プランの登場で価格競争が激化するなか、消費者は自分にあったプランを見極めて無駄なく選べば、さらなる節約につながるはずだ。

オススメの記事