上新電機は、日本橋店舗を再編する。


 同社では、大阪日本橋で、これまで積み上げてきた経営資源およびブランドを有機的に統合・再編し、店舗の活性化を図る。旧耐震基準によって建設された店舗の改善措置として、建て替え・耐震補強工事を実施すると同時に、時の経過とともに変化してきた日本橋の市場特性に合わせ、新たにジョーシンの店舗ブランディングを構築していく。

 まず、旧耐震基準店舗である日本橋1ばん館とディスクピア日本橋店の建て替えを実施し、工事期間中、両店舗の事業を現J&Pテクノランドに移転・統合した上で、「ジョーシン日本橋店」として営業する。建て替え後は、三宮1ばん館・京都1ばん館と並ぶ都市型店舗構築を目指し、現ディスクピア日本橋店の跡地に「(仮称)新日本橋1ばん館」を開設する。

 また、スーパーキッズランドキャラクター館はスーパーキッズランド本店へ統合し、マニア垂涎の品揃えを強化しながら、キッズランドのフラッグシップ店舗として運営していく。

 ジョーシン日本橋店と(仮称)新日本橋1ばん館は、総合家電の豊富なラインアップに加え、高級オーディオ、音楽・映像ソフト、ハイスペック自作PCなど、長年顧客に支持されている商品をそろえ、EC事業との連携・リユースビジネス活性化の拠点機能をもあわせもつ店舗として生まれ変わる。さらに、全国的にも高いシェアを獲得している鉄道模型やラジコンなどを取り扱うスーパーキッズランド本店と近く、相乗効果を見込んでいる。