Appleは9月17日、スマートフォンiPhone向けに「iOS 14」を公開した。アップデートすると、新しいホーム画面やAppライブラリなどを確認することができる。ただ、まだiOS 14に対応していないアプリケーションもあるので、アップデートには注意が必要だ。

9月17日に公開されたiPhone向けの「iOS 14」

 iOS 14の最大の特徴は、再設計されたホーム画面だ。「ウィジェット」と呼ばれる新機能が搭載され、時刻や場所に合わせたニュースなどの情報をわかりやすく表示することができるようになった。ホーム画面の最後のページに追加されたAppライブラリは、すべてのアプリを一つの画面に自動でまとめ、その時々に応じて役立つアプリを表示する機能だ。
 
ウィジェット機能が追加されたホーム画面(左)とAppライブラリ(右)

 電話の着信やSiriとやり取りするインターフェースも新しくなった。例えば、着信の場合、これまでは全画面に通知が表示されていたが、iOS 14では画面上部に小さなポップアップが出るだけ。作業中に誤って操作することも減るはずだ。また、「ピクチャ・イン・ピクチャ」への対応により、動画を見ながら別のアプリを操作することもできるようになった。
 
電話の着信通知がコンパクトになった

 QRコードをスキャンしたり、NFCタグをタップするだけで関連したサービスを簡単に利用できる「App Clip」も追加された。このほか、会話を翻訳できたり、正確な位置情報ではなく、おおよその位置情報を提供できるようになったり、アプリのトラッキングを管理できたりと、使い勝手だけでなくセキュリティ面も強化されている。

iOS 14にアップデートする前に確認しておきたいこと

 一方で、対応が追い付いていないアプリも複数、散見される。スマートフォン決済サービス「PayPay」は9月16日、iOS 14でPayPayアプリの一部機能が利用できない可能性がある、と注意を促した。今後の対応を予定しており、準備ができ次第知らせるとしている。

 また、ゲームアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は、iOS 14へのバージョンアップを行うとアプリが起動しなくなる現象を確認していると発表。月内のアプリ更新で対応予定だという。「パズル&ドラゴンズ」や「SHOWROOM」でも動作確認中としており、正常に動作しない可能性があるため、アップデートは自身の判断で慎重に行うよう呼び掛けている。

 iOS 14にアップデートする際は、自身が普段から利用しているアプリのHPやお知らせなどで、対応が済んでいるか否かを事前によく確認しておきたい。