TISが豊洲に主要な事業所を移す準備を進めています。移転先となる新築の高層ビルの外観がすでにできあがっており、今は内装の仕上げの段階とのこと。年明けから順次入居が始まる予定ということです。

 豊洲には、NTTデータとSCSKの本社ビルがあります。TISのビルは、道路を挟んで反対側。SIer三大勢力が豊洲で鼎立する格好となります。いずれも、豊洲駅からほぼ直結する好立地。お互いのビルの窓からライバル会社のオフィスフロアが肉眼でも見える近さです。

 TISが事業所の移転を決めた後にコロナ禍が始まり、リモートワークをはじめとする働き方が大きく変わっています。コロナ後を見据えた新しい働き方と、新しいオフィスをどう調和させるかの大詰めの議論が進んでいるそうです。(安藤章司)

【記事はこちら】
ニューノーマルで変わる働き方 DXへの第一歩としてのデジタル化
TIS スマホアプリのポータル化に対応 集客力あるアプリへの接続サービスを開始
TISの決済関連事業 レベニューシェアが主流にフロントエンド領域で安定収入を増やす
変容する医療ITビジネス オンライン診療きっかけにデジタル化が加速
顧客の変革を加速させる存在に NTTデータ経営研究所 代表取締役社長 柳 圭一郎
どうなる今期の情報サービス市場 大手SIer各社の今期見通しから読み解く