カシオ計算機は8月20日、同社の楽器事業が40周年を迎えたことを受けて実施した楽器演奏に関する意識調査の結果を発表した。調査は、2019年7月~20年7月の直近1年間に新たに楽器を始めた人、および再開した人1030人を対象に、7月30~31日の期間に行われている。

直近1年間で演奏頻度が高かった楽器は、
電子ピアノ、アコースティックギター、エレキギター、電子キーボード、アップライトピアノ

 調査対象者に、この1年間で最も演奏頻度の高い楽器を尋ねたところ、電子ピアノ、アコースティックギター、エレキギター、電子キーボード、アップライトピアノが上位を占めた。

 調査対象者のうち、新たに楽器を始めた人は約40%に達している。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、外出自粛要請などの措置がとられた3~4月にかけて、新たに楽器を始める人が増えた。
 
楽器を始めた/再開した理由の1位は「自分1人で楽しめそうだから」

 楽器を始めた/再開した理由を尋ねた質問では、「自分1人で楽しめそうだから」が最も多く、「以前から演奏を始めたかった・興味があった」「自由にできる時間が増えたから」「気分を変えたかったから」が続いている。
 
楽器を始めた/再開した人は男女とも40代が最多

 楽器を始めた/再開した人は、男女ともに40代が最多。女性では、30代が約14%を占めた。
 
楽器を始めて/再開して最も良かったことは「気分転換になった」

 楽器を始めて/再開して良かったと思うことを尋ねたところ、「気分転換になった」「自分1人で楽しめた」「上達していくことが楽しい」「家族と一緒に楽しめた」といった意見が寄せられている。
 
楽器演奏の代わりに減ったのは「テレビの視聴」「ネットサーフィン」「動画の視聴」「ゲーム」などの時間

 楽器を演奏する時間の代わりに減った時間は、「テレビの視聴」「ネットサーフィン」「動画の視聴」「ゲーム」など、新型コロナウイルス感染症の影響で増えたとされる娯楽が上位となった。また、飲食店やレジャーランドに行く時間が減り、それを楽器演奏に充てた人も多いと考えられる。
 
約9割の人が今後も楽器演奏を継続する意向

 今後の、楽器演奏の継続意向を尋ねた質問では、「とても続けたい」が50.8%、「やや続けたい」が35.8%だった。

 継続したい理由については、「もっと演奏スキルを高めたいから」「1人で演奏を楽しむ時間を持ち続けたいから」という意見が多く寄せられている。