【記者のひとこと】きちんと体調管理を

コラム

2020/08/05 10:00

 8月に入って、長かった梅雨がようやく明けました。聞けば今年は、東海・関東甲信地方で平年より11日遅い梅雨明けだったそうです。ただでさえ新型コロナの広がりによる自粛などでストレスがたまる中、ずっと晴れ間がなくて気が滅入りがちだったり、低気圧不調が来たりと、特にこの7月は何だかいつもより疲れていたような気がします。週のほとんどがテレワークで、人と会って話す機会が減っていたことも原因としてあるかもしれません。

 テレワークでは仕事仲間と顔を合わせない分、周囲の人の体調不良のサインも見逃しやすくなっています。自己管理を第一としつつ、何かあったときには報告しやすい、会社としても従業員の体調を把握しやすい仕組み・環境づくりが、特にテレワーク下では重要になりそうです。

 ちなみに、この間の土日は梅雨明けの青空がうれしくて、嬉々として近所を散歩しました。暑いの大嫌いな私なので、そのうち暑さに文句を言いだしますが、それまではお外のいい天気を楽しみたいと思います。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
NTTテクノクロス、テレワーク向けの健康管理支援サービスを9月に提供
NTTテクノクロスと東レとゴールドウイン、「暑さ対策用サービス」を提供
テレワークの課題に関する実態調査、ALSIが実施
アマノ、クラウド型タイムレコーダー、勤務記録をPCやスマホで確認可能

 

オススメの記事