東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは3月11日、両パークの臨時休園期間を延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙い。再開日は4月上旬を予定しているが、あらためて知らせるとしている。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの休園期間延長にともない、
新エリアのオープンも延期になる

 両パークは、政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」からのイベントなどの自粛要請を受けて、2月29日から3月15日まで休園を決定していた。しかし、3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府がさらに10日程度の自粛延長を要請。これを受けて、オリエンタルランドは休園期間の延長を決定した。

 すでに購入されている休園期間中のチケットなどの対応については、本日(3月11日)18時をめどに東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトなどで案内する。

 なお、4月15日に予定していた、「『美女と野獣』をテーマにしたエリア」などを含む東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業は、5月中旬以降に延期するという。