ジャパンネット銀行は、20~60代の男女それぞれ500人、計1000人を対象に、「応援消費」に関する意識・実態調査を行った。お金の使い方に関する考えで、自身にあてはまるものを聞いたところ、「欲しいものはたくさんはない(50%)」、「モノより体験・思い出を重視したい(54%)」といった項目に、約半数の人が「あてはまる」と回答したという。


 今回の調査では、実際に応援消費をしたことがあるのは3人に1人(34%)という結果だった。まだ一般的になったとはいえないが、応援消費をしたことがない人でも2人に1人(50%)は応援消費を魅力的な考え・行為と思っており、今後、応援消費が広まっていく可能性が高いと思われる。

 続いて、応援消費をしたことがある人に対して、どのくらいの金額を応援消費に使用したか聞いてみると、直近1年間では「1万円未満」が最も多い結果となった。また、これまでの総額でも1万円未満が最も多い一方で、「200万円以上」との回答も8%いた。
 

 応援消費にお金を使うに至った経緯・きっかけを聞いてみたところ、最も多かったのが「報道・ニュース」で、全体の53%。また、3人に1人(34%)が経緯・きっかけに「SNS」を挙げていた。
 

 SNSと回答した人に、さらに具体的な経緯・きっかけを聞いてみると、過半数に当たる52%が「好きな著名人や公式アカウントの投稿」と回答。著名人や公式アカウントの投稿は、応援消費を生み出す大きな影響となっているようだ。また、次に多かったのは「友人・知人などの投稿(33%)」で、身近な情報発信も応援消費の経緯・きっかけに影響していることが分かった。
 

 応援消費を始めたきっかけで最も多かったのは「応援したい対象がいた(できた)から(50%)」だった。次に多かった理由は「趣味趣向が合う対象があったから(36%)」「同じ価値観を有する対象があったから(32%)」「思いやメッセージに共感できたから(29%)」など、いずれも「共感できること」が重要な理由の一つという。
 

 一方、応援消費をしたことがない理由では、「興味がなかったから(38%)」「応援したい対象がいなかったから(29%)」「お金が何に使われるか不明瞭だから(21%)」といった理由に多く票が集まった。
 

 応援消費のモチベーションについては、全体で最も多く挙げられたのが「結果として自分の活力になる(39%)」。「役に立っている実感を得られること(38%)」「恩返しや好意の伝達ができる(31%)」が続いた。「成長や復興を見守れる(23%)」や「参加感や一体感を感じられる(20%)」「動向や効果等がわかる(15%)」という回答も一定数あったという。
 

 応援消費の満足度は非常に高く、「応援消費」経験者の94%が満足していることが分かった。満足している理由については、誰かのためになっている、役に立てていることや商品やサービスに共感できることなどが多くあがったとのことだ。