ファーウェイコンシューマービジネスグループ(ファーウェイ)は、2019年12月末までに全世界で690万台以上の5Gスマートフォン(スマホ)を出荷した。


 ファーウェイは昨年、グローバルで「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」「HUAWEI Mate 30 5G」「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 30 RS」「HUAWEI Mate 20 X(5G)」「HUAWEI nova 6 5G」「HUAWEI Mate X」「Honor V30 Pro」「Honor V30」と8機種の5Gスマホを発表。日本では、全てすべて未発売となる。

 ファーウェイの5Gスマホは、全機種で5G NSAとSAネットワークモードをサポートしており、これから主流となる5Gへの対応という消費者のニーズに応える製品となっている。また、全ての顧客に5G体験をもたらすため、幅広い価格帯の製品を提供している。

 さらに、同社の全領域にわたる5Gテクノロジのサービスは、5Gのインフラ技術から、5Gネットワーク製品(基地局、コアネットワーク、オプティカルネットワーク、ミリ波テクノロジ)、5Gチップセット(ベースステーションチップ、ベースバンドチップ、スマホ用チップ)、消費者向け5G端末(スマホ、カスタマー構内設備=CPE、ポータブルルータやタブレット端末)を含んでいる。ファーウェイの5G端末とインフラによって、今年はさらに多くの消費者が5Gを通じて世界とつながることが可能になるとしている。