近ごろは、ただ高出力の暖房機を購入するよりも、ニーズにあった暖房機を求めるケースが多くなっている。背景にあるのは、高気密・高断熱住宅の増加だ。昔はフルパワーの暖房機一択だったかもしれないが、隙間風や外の気温の影響を受けにくい設計のお蔭で、低出力でも快適な環境を整えることが可能になっている。暖房機メーカーのコロナによると、現在は効率や電気代を考慮した場合、部屋によって適した暖房機は異なるのだという。

部屋ごとに適した暖房機は異なる

 コロナによると、例えば、ひとり部屋や子ども部屋、ワンルームなどの部屋では、温風で部屋中まんべんなく暖めるのが効果的だという。おすすめはエアコン。エネルギー効率が高く、上方からの送風により、素早く部屋を暖める。エアコンの設置が難しい場合などは、石油ファンヒーターやオイルを使わないオイルレスヒーターなどが適している。

 リビングやダイニングなどの広い部屋には、石油ファンヒーターなどの暖房機がおすすめ。灯油の燃焼による高い速暖性と、本格的な暖房間が魅力だ。また、部屋の空気が気になる場合は、空気を汚しにくいFF式石油暖房機やオイルレスヒーター。灯油が使えない家の場合は、エアコンと電気反射ストーブなど、輻射形の暖房機の併用がベターだ。

 寝室は、睡眠の邪魔をしない静かなオイルレスヒーターがおすすめ。電気で暖房するため、風を出さず、燃焼部を持たないことでハウスダストの巻き上げやニオイ・音が発生しない特徴がある。

 トイレや脱衣所などの狭い場所には、コンパクトですばやく快適に暖めることができる電気反射ストーブなどが適している。電気ストーブの中には、小型のタイプや人感センサーを搭載した壁掛タイプなどがあり、設置スペースを取らないからだ。長時間滞在しないので、すぐに運転できて、直接人の体を暖めたほうが効率的で経済的でもある。

 新築やリフォームする場合は、断熱素材の採用や、暖房用のフロアパネル、温水ルームヒーターなどの暖房システムがおすすめ。地中熱や空気熱ヒートポンプ、石油温水などの暖房システムを導入することで、低ランニングコストの住宅設備で住宅全体を暖めることができる。

 このほか、ライフスタイルにあわせて、タイマー機能を重視した暖房機やエアコンとサーキュレーターを併用するなど、多様な選択肢がある。自分の家や部屋に最適な暖房機を知りたい場合は、家電量販店などで相談してみるのも手だ。