【記者のひとこと】10社と1社

コラム

2019/07/23 10:00

 中国のインターネット企業といえば、百度バイドゥ)、アリババグループ、テンセントのいわゆる「BAT」が有名です。インターネットで検索するときはバイドゥ、インターネット通販はアリババのECサービス、連絡を取るときはテンセントの「WeChat(ウィーチャット)」といった具合に、日常生活でBATのサービスは欠かせません。

 巨大な市場を抱える中国では、有名なインターネット企業はほかにもあります。中国政府系シンクタンクの中国情報通信研究院がまとめた報告では、世界のインターネット業界上場企業30強の中に中国企業が10社入り、米国の次に多くなりました。新しいサービスが次々に登場する中国のインターネット業界の中で、各企業は激しい競争を繰り広げています。そのため、数年後にはランキングの顔ぶれはがらりと変わっているかもしれません。ちなみに、日本企業でランクインしたのは1社だけでした。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
世界インターネット企業30強に中国は10社、日本は1社
 「AI大国」を目指す中国の実力 各地に広がる技術革新の波
 中国AI界四強の一角、科大訊飛、世界トップ級の技術をアピール
 中国政府、ITで農村部の発展を加速、農業IoTの大規模拠点整備計画も

オススメの記事