【記者のひとこと】5Gで広がるキャリアのビジネスモデル

コラム

2019/07/19 10:00

 今年、5Gのプレサービスが始まります。4月には周波数帯の割り当てが発表され、今月にソフトバンク、9月にはKDDINTTドコモがイベントでプレサービスを提供する予定です。私としては5Gによってどんなエンタメが楽しめるようになるのか気になるところですが、キャリア各社にとっては法人向けビジネスを強化するチャンス。各社ともパートナーを募り新たなビジネスモデルを模索しているようです。

 先日、KDDIが開催したプライベートイベントでは、同社が目指す理想のビジネスモデルは「リカーリング」だと髙橋誠社長が力説しました。サービスを提供してユーザーデータを得る。そしてさらに良いサービスにつなげる。この循環が継続的な収益を構築できる要なのだと言います。5Gで新たに生まれるデータによってどんなサービスが出てくるのか楽しみですね。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
具体化した5G時代のマネタイズ 通信料に代わるデータ循環型の新ビジネスを構築――KDDI
「IoT世界基盤」に新たな選択肢 東芝のSPINEXと連携し企業のグローバル事業を支援――KDDI
MWCで見えた5G時代のITインフラ
5G 協創の輪に入るには 3大キャリアのパートナー戦略

オススメの記事