レノボジャパンとNECパーソナルコンピュータの2社で社長を兼務した留目真伸氏はPC業界で有名な人物です。2015年4月から、NEC PCという国内でトップシェアをもつPCブランドの代表を務め、国内のPC業界をリードしてきました。18年5月に退任を発表したときは、あまりに急なことだったので、とても驚きました。

 その後はCSOという役職で、非IT企業に入社。ですが今年の夏、再びIT業界に帰ってきました。SUNDREDというベンチャー企業で、産業・エコシステムの共創にフォーカスし、再びIT業界で新しいことを起こそうとしています。今後の活躍が非常に気になります。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
元レノボ・ジャパン代表の留目氏、SUNDREDのCEOに就任
グローバルとローカルは切り離せない
レノボ・ジャパン 設立10周年、今後の戦略を語る キーワードは「共創」
レノボグループ3社はよきライバル 競争が市場を活性化させる