上海支局が入るビルに向かう途中の公園で、高齢の中国人女性に話しかけられました。スマートフォンを手に「ちょっと写真を撮って」。

 中国で生活を始めて以来、写真を撮っている中国人をよく見かけます。特に多いのは人物を絡めた撮影。冒頭のように街中で声を掛けられることもしばしばあります。

 撮った写真については、プリントのニーズがあるようです。16年に設立した南京市のベンチャー企業「南京功夫豆信息科技」(KFB社)は、広告付きの無料写真印刷サービスを展開し、注目を集めています。

 セイコーエプソンは6月17日、KFB社に出資しパートナーシップ契約を結ぶと発表しました。中国の写真撮影で、新たなインクジェットプリンティングビジネスの創出を目指す方針です。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
セイコーエプソン、中国のベンチャー企業と提携、SNS活用の新事業を目指す
企業向け事業は新たな成長の原動力になるか クラウドではパートナーエコシステムを強化へ
日立、雄安新区で新会社設立、スマートシティ事業を拡大へ
アリババがホンダと提携、車載システムを共同開発、AIスピーカー搭載へ