数年前から注目されてきたコネクティッドカーについて、各自動車メーカーが相次いで戦略を発表しています。その中で、日本の大手自動車メーカーのホンダは、上海市で開催された「CES Asia 2019」で、車載用システム「Honda CONNECT」の開発について新たな方針を示しました。

 ホンダが手を組むのは、中国の阿里巴巴集団(アリババグループ)と科大訊飛(アイフライテック)の2社。ともに中国のIT業界をけん引するプラットフォーマーです。通信技術の発達などで、コネクティッドカーの普及は加速する見通しで、世界中でビジネスを展開する自動車メーカーとの提携は、中国のプラットフォーマーにとって「大きなチャンス」とみられています。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
アリババがホンダと提携、車載システムを共同開発、AIスピーカー搭載へ
急成長のアリババクラウド、今後は製造業向けにも注力
中国・上海市がアリババ、テンセントとの協力関係を強化
アリババの馬会長が1年後に退任、「世界に難しいビジネスはない」とメッセージ、後任は張CEO