スマートフォン決済サービスを提供するPayPayは5月20日、2019年8月1日から総務省が主体になって実施する「統一QR『JPQR』」普及事業に参加すると発表した。また、5月時点でNTTドコモ、Origami、KDDI、福岡銀行、みずほ銀行、メルペイ、ゆうちょ銀行、LINE Payも参加を発表している。

PayPayが統一QR「JPQR」普及事業に参加する

 同事業は、岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の四県を対象に、小規模店舗を含む幅広い事業者にQR/バーコードを用いたコード決済を普及させることが目的。加盟店開拓業務プロセスなどの検証と、低廉な手数料率でのサービス提供などによるキャッシュレス化の進展の検証を行う。

 これまでのQRコードは各社が独自の仕様で展開していたため、それぞれ個別に対応する必要があり、混乱を招く恐れがあった。コード規格を統一することで、事業者とユーザーの混乱を避ける狙いだ。PayPayは決済事業者として、同事業のガイドラインに準拠した統一QR/バーコード「JPQR」での決済サービスの提供、サービスの運用を通し、ユーザーの利便性向上と事業者の生産性向上を図る。