KDDIとau損害保険(au損保)は、自転車を乗りながらスマートフォン(スマホ)を操作する「自転車ながらスマホ」の撲滅と高額賠償の備えに関する意識向上を図るため、「自転車安全・安心プロジェクト第3弾」を3月19日に開始、自転車乗用中の交通事故が多い高校生を対象とした「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット(VR授業キット)」を制作した。

「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」のイメージ

 VR授業キットは、自転車ながらスマホ時と通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を疑似体験できるVRコンテンツ「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」、自転車事故の危険性や高額賠償への備えの必要性などを伝える「スライドムービー」、自転車ながらスマホの防止アイデアを考える「ワークショップ」の全50分間で構成。

 学校の先生が通常授業の一環としてVR授業キットを活用できるほか、生徒がリアルな体験を通じて「ながらスマホ」の危険性を自発的に考えることができるようになる。3月19日に、神奈川県の鶴見大学附属高等学校でVR授業キットを活用した授業を実施した。