弊社では先日、来年に向けた席替えを実施しました。このタイミングでため込んだ資料や取材ノートを処分したのですが、この1年間で使ったノートの冊数が十冊を軽く超えていました。これだけたくさんのお話を聞いてきたのかと思うと感慨深いですね。

 来年の分のノートを用意しつつ、2019年の卓上カレンダーを置くなど、着々と新年に向けた準備を進めています。新たな席で(といっても一つ隣に移っただけですが)心機一転、頑張りたいと思います。

 私の席替えなどささやかなもので、もっと大きく変わるのが東芝クライアントソリューションでしょう。今年10月にシャープの子会社になったばかりですが、来年1月1日から社名が「Dynabook」に変わります。皆様も心機一転してみてはいかがでしょうか。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
来年1月に「Dynabook」社に シャープ傘下で再生を目指す 海外の売上比率、引き上げへ――東芝クライアントソリューション
東芝クライアントソリューション、エッジコンピューティング製品を拡充
一般企業で使える「デバイス付き」のIoT基盤 エッジ側に特化する戦略を明確化――アステリア