この土日に四国・徳島で開催された第29回高専プロコンに行ってきました。私にとって四国は初上陸となります。時間の関係で渦潮もお遍路さんも見かけることはできませんでしたが、プログラミングに取り組む熱い高専生に会うことができました。

 「高専」「プログラミング」というとなんだか難しそうに感じる女性の皆さん。主婦におすすめのアプリを開発した学校がありましたよ。それは、食材の管理とお裾分けをサポートする「FoodConnecter」(豊田高専)です。食材の写真を撮って、賞味期限を入力しておくと、賞味期限切れ前にお知らせしてくれます。どうしても使い切れなさそうな場合は、その食材を求めているほかのユーザーを教えてくれることも。

 例えば、特売で卵を買ったものの、使い切れなかった主婦と、卵を一つだけほしい一人暮らしの人を結びつける。こんなことができるわけです。最近はお隣さんからちょっとお醤油を借りる……なんて光景をすっかり見かけなくなってしまいました。食材の無駄を減らしつつ、ご近所で助け合うことができるようになったらいいですね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
高専プロコンがいよいよ開幕、予選を通った約100作品が本選に挑む
第28回高専プロコン 維新ゆかりの地・山口県で、若きIT志士が熱戦
<BCN ITジュニア賞 2018>表彰式レポート
10代の活躍にITの明るい未来が見える、U-22プログラミング・コンテスト2017