甘いものが大好きで、家や会社にいるとき、近くにお菓子が置いてあるとついつい手を伸ばしてしまいます。そんなに食べないときもあるのですが、最近は自分でもどうかと思うくらい糖分を摂取しているため、このままでは近いうちに病気になるのではないかと、少々心配になってきました。それと関係があるかは分かりませんが、年に1度の健康診断の結果を見ると、一部、経年で変化している数値があり、ちょっと気になっています。

 そんな中、健診データをビジネスに活用する動きが出てきています。その一つとして、タニタ子会社のタニタヘルスリンクでは、日立システムズなどのパートナーと連携して「健康プラットフォーム」を構築し、企業・自治体の健康経営や個人の健康増進に役立てていく考えを先月、明らかにしました。この健康プラットフォームを使った事業第一弾の取り組みを来年、岡山市でトライアルスタートする予定とのことです。

 健診データを活用した新たなビジネスには収益化の方法などに課題が残るものの、実現すれば一人一人により適した健康づくりの支援や医療費の抑制などにもつながる可能性があり、期待が高まります。個人的にはこのままいくと本当に病気になるかどうか、ぜひ予測してもらいたい。それ以前に、お菓子を断てばいいだけの話ですが……。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
健診データ活用ビジネス 生保商材の開発や予防医療に生かす 収益モデルは模索段階、早期確立が課題に
医療向け音声認識サービス トップクラスの認識精度で作業効率を底上げ――アドバンスト・メディア
健康管理や介護IoTの商材を拡充 基幹業務の周辺需要を取り込む――都築電気
地域に広がる医療・介護のITビジネス