インターネット機器を識別するためのIPアドレス。これまで使われていたIPv4は約43億個の機器に割り当てることができたそうですが、全世界の人口や、一人当たりが所有するインターネットデバイスの数を勘案すると、どう考えても足りません。「早急に最新バージョンであるv6へと移行しましょう」といわれてしばらく経ちますが、なかなか進まないようです。ちなみに、このv6が割り当てることができる機器の数は約340澗(かん)。なかなか見慣れない単位が出てきましたが、1澗=1兆×1兆×1兆という途方もない数字です。v6が枯渇することはほぼなさそうですね。

 先日、ソフトバンクはこのIPアドレスを使わずに通信を可能にする技術を開発しました。この先、スマートシティに向けて何億という単位でIoTデバイスが展開されていくと思われます。将来、数澗に及ぶ身の回りのデバイスが、通信しあう世界が実現するかもしれません。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
アドレスなしの通信を商用化 導入障壁を下げIoTを日本の産業に育てる――ソフトバンク
「v6プラス」対応ルータがクラウド導入を促進?――ヤマハ
ビジネスチャンスは5Gにあり 5G、IoTを守るソリューション――A10ネットワークス
激動の時代、IoTの市場トレンドは日本がつくる