あまり腕時計に詳しくない私でも、カシオ計算機の時計は丈夫だというイメージがあります。最近ではスマートウォッチの販売を始め、BtoB向けにも提供しているようです。

 初夏に集中豪雨があった地域にも納入していたそうで、時計を置いたまま倉庫が浸水被害にあったといいます。泥まみれになってしまったスマートウォッチを水道でジャブジャブ洗うと、問題なく使えたというから驚きです。

 最近は地震だけでなく、台風のような気象災害も増えています。そんな中、壊れにくいという安心感は大きなアドバンテージになるのかもしれません。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
タフさに加え総合力をアピール スマートウォッチをソリューション展開――カシオ計算機
カシオ計算機、「HANJO TOWN」で法人向け会計・経営分析サービス
拳で子どもと語り合いたい
中国で4Gスマートウォッチが好調――IDC中国