第6世代のインテルプロセッサ「Core i7」を搭載した高付加価値PCの販売に強いエディオンでは、メーカー別の商品展示ではなく、顧客が「PCで何をしたいか」という「コト」軸での展示手法を取り入れている。