暑い夏が終わり、涼しい風がそよぎはじめる9月。秋は、からだを動かすにはもってこいの季節だ。この特集では、山でのレジャーに便利なデジタル製品“山デジ”など、アウトドアでのアクティビティを楽しく、快適にするアイテムを紹介しよう。

新製品の情報が知りたい!



 デジタルカメラを中心に、アウトドアにあると便利な製品が続々と登場している。多くが防水や耐衝撃、防塵などアクティブな動きにもってこいの機能を搭載。また、目的地に着くためのポータブルも新製品が発売となっている。

気になる製品の使い勝手が知りたい!



PLAYSPORT_2
 アウトドアのデジタルは、簡単操作が一番。いつも持ち歩けるコンパクトサイズのビデオカメラ、コダックの「PLAYSPORT 2(Zx5)」なら、気軽にフルHD動画を撮影できる。防水・防塵・耐衝撃だから、濡れても汚れても平気。しかも「Share ボタン」で、YouTubeやfacebookにも3ステップで映像を簡単にアップロードする機能まで備えている。

TG-810
 高倍率ズームや3D撮影など、個性を競い合っているコンパクトデジタルカメラ。ここ数年人気を集めているのが、防水・防塵・耐衝撃性能にすぐれたアウトドア向けのカメラだ。なかでもオリンパスの「OLYMPUS Tough TG-810」は、防水性能を備え、シリーズ初のGPS機能を搭載するなど、“山デジ”としても使える注目の一台。山梨県の山中湖周辺に連れ出して試した。

TG-810
 最新版「Roxio Creator 2012」が登場した。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットPCなど最新世代の情報端末や、Facebook、YouTubeなどのSNS・動画共有サービスなどとの連携性が向上し、「これ一本でマルチメディア周りは完璧」といえるほど充実した機能を備えている。さっそく、その魅力を探ろう。

eye-fi
 無線LAN対応SDカード「Eye-Fiカード」を、ソニーのミラーレス一眼「NEX-5N」で使ってみた。カードを挿入するだけで、デジタルカメラがWi-Fi(無線LAN)に対応。ワイヤレスでPCに画像を転送したり、FacebookやFlickr、mixiなどに画像をアップロードしたりできる。

どんな周辺アイテムがあるか知りたい!



売れている製品のランキングが知りたい!



COOLPIX AW100
 例年、夏に多く売れる「完全防水」対応のコンパクトデジタルカメラ。水に濡れても故障する心配がなく、水中でも撮影できるタフなカメラだ。最近は、防水・防塵・耐衝撃性能に加え、GPSや電子コンパスを内蔵し、「アウトドア向け」と銘打ったモデルも登場している。山登り、ツーリングなど、アウトドアを趣味にしている人は、こうした完全防水×GPS内蔵のアウトドア向けモデルに注目しよう。

 2011年9月のデジタルビデオカメラのうち、重さ200g未満の製品に絞り、カラーバリエーションを合算してランキングを集計。1位は、パナソニックの「愛情サイズ」で知られる「HDC-TM45」だった。シェアは46.8%と、このジャンルでは断トツの人気だった。