東芝のスタンダードノートPC「AX」シリーズの最上位モデル「dynabook AX/55D」は、高画質の液晶画面やオーディオメーカーと共同開発したステレオスピーカーを搭載するなど、優れたスペックを備える。「AX/55D」を実際に使い、その魅力に迫った。

●15.4型ワイド液晶画面は明るく色鮮やか、写真は細部まで再現


 ノートPC「dynabook(ダイナブック) AX/55D」を起動してまず感じるのは、画面の美しさ。色純度72%の鮮やかさと、輝度490cd/m2の明るさをもつ15.4型ワイド液晶で、同社のAVノートPC「Qosmio(コスミオ)」シリーズでも採用する「高色純度・高輝度Clear Superview液晶」が特徴だ。

 最初は、もともと備わる「dynabook」オリジナルの壁紙の色や画質のせいかと思ったが、Windows Vista標準の壁紙に変更しても、クリアに表示された。また、Vista独自のインターフェイスである、ウィンドウなどを半透明に表示する機能「Aero グラス」は、通常よりも繊細に描写しているように感じられた。


 次に、写真のスライドショーを画面フルサイズで行った。素材はVistaにあらかじめ備えるサンプルピクチャ。画質は、通常よりもワンランク上といったところだ。発色がよく鮮明であるのに加え、緑や赤の色の深みや繊細な質感も忠実に表示されている。この画質なら、デジタルカメラで撮影した写真のチェックも容易だろう。もちろん、「Windows Aero」などのVistaならではの操作感を楽しむためにも、グラフィックの美しさは大切だ。

●文字もくっきり読みやすい Vistaの新フォント「メイリオ」も後押し

 こうした高画質な液晶画面は、写真や動画などの映像を楽しむ以外にもメリットがある。インターネットやメールの画面なども見やすいので、目が疲れにくい点だ。例えば、ホームページは画像や文字が混在していることが多いが、画面が明るくクリアだと小さな文字でも読みやすい。特に毎日PCを使うのであれば、読みやすいにこしたことはないだろう。実際に操作してみると、改めて画質は重要なポイントだと痛感した。

 なお、Windows Vistaでは日本語のクリアタイプフォント「メイリオ」を新たに採用している。しかし、Internet Explorerの標準設定では、従来の「MSゴシック」のまま。「メイリオ」は液晶画面での読みやすさを追求した書体なので、設定しておけば文字サイズが小さくてもくっきり表示する。

●Harmanのステレオスピーカーで迫力の音声、CDもDVDも堪能できる

 「AX/55D」は、東芝のスタンダードノートPC「AX」シリーズの最上位モデルだけあって、サウンド機能も充実。世界的なオーディオメーカーのHarman International社と共同開発した「harman/kardonステレオスピーカ」を内蔵する。同社のAVノートPC「Qosmio」シリーズでも採用するスピーカーで、低音域から高音域までをカバーする「ワイドレンジ再生」が可能。

 音楽CDを再生したところ、大音量ではやはり音が割れがちだが、PC操作をしながら音楽を聴く程度のボリュームなら快適だった。また、DVD再生時のサウンドも優れている。試しにいくつか映画のDVDを再生したが、映像はもちろん、ステレオで迫力ある音声を楽しめた。

 



●初心者のサポートに加えてメモリカードスロットやUSBポートも充実

 また、初心者向けの解説ソフトも充実している。PCの基本的な操作をわかりやすく解説した「dynabookはじめてガイド」や、ワードやエクセルの使い方を学べる「動画で学ぶOffice Personal 2007」といったソフトを標準で搭載。国内最大級の電子書籍の蔵書をもつサイト「eBookJapan」で作品を閲覧できるソフトも付属する。



 このほか、高速回転5400rpmのHDDや、デュアルチャネル対応の高速メモリなどスペックも充分。インターフェイスは、6種類のメディアに対応するブリッジメディアスロットやUSBポートを4基、画面表示を拡大・縮小できるボタン「Smooth View」をキーボード上部に備えるなど、使いやすさを高める機能を多く盛り込んだ。縦スクロールに加え、横スクロール機能も備える光学式マウスも同梱する。実売価格は13万円前後。スタンダードクラスながらも、性能をバランスよく備え、コストパフォーマンスに優れたモデルといえよう。(フリーライター・石川コウシ)




【主な仕様】
●OS:Windows Vista Home Premium 正規版 ●CPU:Celeron M 520(1.66GHz) ●画面:15.4型ワイドWXGA高色純度・高輝度Clear Superview液晶 ●メモリ:1GB(512MB×2)デュアルチャネル対応(最大2GB) ●HDD:120GB(5400rpm Serial ATA対応) ●ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ ●無線LAN:IEEE802.11b/g ●サイズ:幅362×奥行き26.8×高さ39.3mm ●重さ:約3kg


■関連記事
本日の機種別ランキング【ノートPC】
東芝、ノートPC秋冬モデル、地デジチューナー2基搭載の「Qosmio」など
東芝、光学ドライブ搭載で900gを切るモバイルノートPC「dynabook SS RX1」
東芝、携帯オーディオ「gigabeat Uシリーズ」新色、カナル型ヘッドホン採用