事例紹介

   
 IT企業は今、大きなチャンスの時を迎えています。クラウドコンピューティング、AI、IoT、ビッグデータなど新しい技術の普及で、社会や企業のデジタル化が、ようやく大きな一歩を踏み出そうとしているからです。このチャンスを逃さず業容を一気に拡大するには、ヒト・モノ・カネの環境を整え、飛躍の一手を素早く打つことが重要です。
 一方で、1960年代に生まれた日本の情報サービス産業は「還暦」を迎えつつあります。創業から30年、40年を超える企業も増えてきました。きらりと光る技術と人材を武器に頑張ってきたが、先が見えなくなってきた。後継者選びに難航しているという声を聞くことも増えています。

 BCNは、1981年から39年にわたってIT業界の発展とともに歩み、業界の今日と明日を発信し続けてきました。パソコンの黎明期から数多くのIT企業が誕生し成長し大輪の花を咲かせる姿を報じ続けてきた私たちが、今なすべき業界貢献、それは目の前にあるチャンスつかみ、もう一つの大きな花を咲かせる環境をつくること、そして、事業を次世代につなぐお手伝いをすることだと考えます。そこでBCNは、IT領域に特化した事業開発の専門家集団、パラダイムシフトと手を組み実践的な取り組みをスタートさせました。このタッグで次の一手を導き出す絶好のきっかけをご提供します。

 他にない技術や人材を活かして次の大きなステージに挑みたい、これまで積み上げてきた事業をしっかり承継したい、そんな想いを抱いておられるIT企業の経営者のみなさん、ぜひご連絡ください。