昨今は、PCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末、ポータブルゲーム機など、さまざまな再生機器でビデオコンテンツを楽しめるようになってきた。しかし、ブルーレイディスク(BD)やDVDの動画コンテンツをコピーして、スマートフォンなどで楽しむには、適切なファイル形式に変換し、適度な解像度に圧縮してコンテンツを移す必要がある。

タブレット端末などでBDやDVDのコンテンツを楽しむには、端末向けに最適化する必要がある

 このめんどうな作業をなんなくこなすビデオソフトが、ジャングルの「DVDfab2 BD&DVDコピープレミアム」だ。発売翌月の2012年5月から、9か月連続で「BCNランキング」のビデオ関連ソフトでパッケージタイトル別の1位を継続。コピー・バックアップソフトのジャンルに絞ると、この9か月、40%前後の非常に高いシェアを維持している。


2013年1月 ビデオ関連ソフト 販売本数シェア
メーカー 品名 販売本数シェア
1 ジャングル DVDFab2 BD&DVD コピープレミアム 6.0%
2 コーレル VideoStudio Pro X5 通常版 4.3%
3 ジャングル DVDFab2 BD&DVD コピー 4.2%
4 ペガシス TMPGEnc Authoring Works 5 4.1%
5 ソースネクスト PowerDVD EXPERT 4 3.5%
6 ソースネクスト ソースネクスト B's Recorder 11 3.4%
7 サイバーリンク PowerDVD 12 Ultra パッケージ版 3.4%
8 サイバーリンク PowerDVD 12 Pro 特別優待版 3.3%
9 コーレル VideoStudio Pro X5 アカデミック版 3.2%
10 ジャングル Nero 12 Platinum 2.4%
「BCNランキング」2013年1月 月次<最大パネル>

 この 「DVDfab2 BD&DVDコピープレミアム」をはじめとする「DVDfab」シリーズが「DVDfab3」にバージョンアップするという情報をキャッチした。スマートデバイス時代のニーズをつかんだディスクコピーソフトがどのように進化したのか、いち早くその使い勝手を試した。

9か月連続で1位の「DVDfab2 BD&DVDコピープレミアム」

BDとDVD、両方のディスクトランスコードに対応



 新製品の「DVDfab3 BD&DVDコピープレミアム」を起動すると出てくる操作系のアイコンは、よく目立ってわかりやすい。「コピー」ボタンを押すと、コピー元のディスクドライブからデータを空きディスクにコピーしていく。直感的に画面に従って操作していけば、バックアップ系のディスクコピーソフトを使ったことがない人でも、確実にコピー作業ができる。

 ただし、個人的な利用目的であっても、市販のDVDやBDコンテンツの「コピーガード」「アクセスガード」をはずして、複製する行為は違法だから、そこは注意してほしい。

2月21日発売の「DVDfab3 BD&DVDコピープレミアム」

 現行製品の「DVDfab2 BD&DVDコピープレミアム」が売れている理由はいくつかあるが、おそらく一番の理由は、数ある製品のなかで唯一BDとDVDの両方に対応したディスクトランスコードコピーソフトであるという点だ。コピーするときに、メニュー構造を保持したままで動画だけ圧縮するトランスコード処理をするので、作業は高速。圧縮機能を搭載し、片面2層のBD→片面1層のメディアへのコピーもできる。

「フルディスク」を選べばコピー元と同じ画質のバックアップディスクを作成できる

 キズなどで読み出せないセクタは自動でスキップし、再読み込み回数の設定ができる。また、ディスクアーカイブ機能と仮想ドライブ機能によって、BD/DVDともにISOファイル出力ができ、ISOファイル化したイメージをマウントすることができるようになる。つまり、一度コピーしてしまえば、コンテンツ視聴のたびにソフトを入れ替えるわずらわしさから解放されるのだ。

再生する機器に最適な形式に変換



 単なるディスクコンテンツのコピーにとどまらないファイル変換・圧縮機能も魅力の一つだ。コピーソフトによっては、変換・圧縮用に別のソフトを用意しなければならないが、「DVDfab3 BD&DVDコピープレミアム」は、さまざまな機器に対応した動画変換機能を搭載。iPhone/iPad/Android/Xbox360/PS3など、それぞれに最適な変換・圧縮ができる。「スマートフォンやポータブルゲーム機で通勤や通学中に動画を楽しみたい」という人にはうってつけのコピーソフトというわけだ。

主要タブレット端末などを網羅したプリセットを収録

 それぞれの機器に最適化した動画の変換プリセットを用意し、光学ディスクに収録している映像を最適なかたちで変換していく。プリセットは市場で流通する主要なスマートフォンやタブレット端末などを網羅し、メーカー名を指定して機種を選ぶだけでいい。3D再生に対応する機器の場合は、3Dフォーマットへの変換もできる。

3D再生に対応したスマートデバイス用のプリセットを用意

ホームビデオが入った光学ディスクなどのリッピング操作も機種に対応したプリセットを選ぶだけのワンタッチ

オーサリングもOK! 撮影したフルHD映像の編集にも対応



 もちろんコピーディスクをつくるオーサリング機能も搭載している。適当な映像ファイルをドラッグ・アンド・ドロップし、任意の出力形式を選択した後、「作成」ボタンを押せば、自動再生に対応する光学ディスクを作成することができる。

自動再生に対応するBD/DVDの作成も簡単

 ホームビデオを収録したディスクの入力に対応しているのもポイントだ。ホームビデオ(BDAV形式)で作成したBDを取り込むだけでなく、特定のチャプターや複数チャプターを選択して入力することができるので、簡単な編集ソフト代わりに使える。ディスクコピー同様、簡単な操作なので初心者でも使うことができる。子どもの学校行事や旅行など、ビデオカメラで撮った映像を焼き増しするのに重宝する。

本でディスクコピーとバックアップは完璧



 ひと通り「DVDfab3 BD&DVDコピープレミアム」を試したが、スマートフォンやタブレット端末など、再生機器に合わせた豊富なプリセットを用意し、わずらわしい設定なしに最適な動画や音声に変換できることが、一番の魅力だと感じた。ひと言でスマートフォンといっても、最適なファイル形式・サイズは、機種によって違う。コンテンツファイルの変換作業に慣れた人なら、最適なビットレートやフレームレート、解像度の設定ができるかもしれないが、一般の人には至難の業だろう。

 プリセットを選ぶだけで、ワンタッチで映像ファイルをコピー、そして変換までできる「DVDfab3 BD&DVDコピープレミアム」は、初心者だけでなく、すべてのユーザーにおすすめできる。このソフト一本で、PCで再生するだけだったさまざまな動画・音声ファイルが、スマートフォンやタブレット端末などで楽しめるようになる。(ITジャーナリスト・市川昭彦)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコンやデジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。