ソニーは、AVCHD Ver.2.0に対応し、ビデオカメラ連携機能を搭載した3D対応ブルーレイディスク(BD)レコーダーのエントリーモデル「BDZ-AT750W」「BDZ-AT350S」を、8月6日に発売する。

左から、BDZ-AT750W、BDZ-AT350S

 従来のAVCHDの拡張規格として、新たに3D動画や60p(プログレッシブ)動画を追加したハイビジョンビデオカメラ規格、AVCHD Ver.2.0に対応。3D動画や60p動画を本体の内蔵HDDに取り込んで編集したり、BDに保存したりできる。3D映像の視聴には、別途、3D対応テレビと専用3Dメガネが必要。

 HDD容量はともに500GBで、最長469時間、フルハイビジョンで録画できる。新画質機能を搭載し、長時間モードでの録画時や市販の「ブルーレイ3D」ソフト再生時の画質をさらに向上させた。大容量ディスク規格「BDXL」、BDから本体HDDに録画番組を書き戻せる「ムーブバック機能」にも対応する。

 発売に合わせて、これまでソニー・エリクソン製の「Xperia」専用で提供してきた音声認識による番組検索アプリ「Koe-Kara」を他のAndroid端末にも対応させて公開。「Koe-Kara」とウェブアプリ「テレビ王国Chan-Toru」を同時に使うと、外出先から予約録画や録画タイトルの整理、予約ランキング表示などができる。

 買い増しや個室などでの使用を想定し、置き場所を選ばないスリムでコンパクトなボディを実現。サイズは幅約430×高さ49.5mmで、奥行きは「BDZ-AT750W」が283mm、「BDZ-AT750W」はさらに短い233mm。

 価格はオープン。実勢価格は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載し、HDDに録画した番組をPSPなどのモバイル機器に転送できる「おでかけ転送」に対応するダブルチューナーモデルの「BDZ-AT750W」が8万5000円前後、シングルチューナーモデルの「BDZ-AT350S」が6万5000円前後の見込み。