ライブドアと子会社のジェイ・リスティングは、Twitter上のつぶやき(ツイート)を連携するウェブサイトやブログに掲載し、つぶやきを効果的に拡散させるサービス「シャウリバ」ベータ版の提供を開始した。利用は無料。

「シャウリバ」のトップページ(ログイン後)

 今年3月時点で国内で約1757万人(ネットレイティングス調べ)が利用している人気サービス、Twitterのつぶやきを、Twitterのタイムライン上だけではなく、ページビューが高く、影響力のあるウェブサイトやブログにも掲載し、大勢の人に見てもらえる機会を増やすサービス。Twitterのアカウントがあれば、個人ユーザーから企業などの公式アカウントの担当者まで、誰でも利用できる。 

「livedoor Blog」のトップページでの掲載イメージ

 「シャウリバ」のサイト(http://s.hout.jp/)内の「シャウリ場」に「つぶやき」(50文字以内)を入力し、「シャウる」ボタンを押すと、「シャウリバ」と連携したウェブサイトやブログに掲載される仕組み。スタート時の連携先は、「livedoor Blog」のトップページと「痛いニュース」「WARAPAPPA」「カラパイア」の四つのウェブサイト・ブログ。

 ブログ掲載の際には、文字の色を変更する「イコライザー」、「シャウリ場」の表示でゆっくり文字が流れる「ディレイ」、同じく表示で文字がぶるぶる震える「ディストーション」、書いたはずの文字が一部伏字になる「ゲート」などの「エフェクト」をかけることができる。さらに本格提供に向け、シャウトした後に時間差で複数回シャウトを表示する「エコー」、URLを書いたときにリンクをつけることができる「オートリンク」を開発し、有料エフェクトとして提供する予定。