電力供給逼迫のため、首都圏の東京電力管内では、3月14日から計画停電が実施されています。計画停電は、一部地域を除き、対象エリア内を5グループに分け、グループごとに事前に時間を告知して停電させるもの。毎日、テレビや新聞、ニュースサイトなどで、実施状況が大きく報じられています。

 筆者の自宅は対象エリアとなっており、こちらの記事「計画停電」のスケジュールをチェックできるサイト・便利ツール)で紹介したツールやサイトなどを活用し、停電と食事や買い物の時間が重ならないよう気をつけています。Twitterユーザーの方は、これらに加え、3月17日に開設された東京電力の公式Twitter(@OfficialTEPCO)をフォローすると、実施の有無など、最新情報をいち早く入手できます。3月22日からは、東京電力のウェブサイトで「電力の使用状況グラフ」も公開されています。

電力の使用状況グラフ(東京電力サービスエリア内)

 東日本大震災の直接被害に遭われた地域はもちろん、物理的な被害が少なかった地域も混乱を極めていたこの1週間。本来なら、3月末でエコポイントがいよいよ終了する薄型テレビや、春の新生活需要で買い替えが活発になるノートPCや携帯電話・スマートフォンが話題の中心になっていたでしょう。しかし、時期的に、震災・計画停電関連の記事がアクセスを集める結果となりました。

記事別アクセス数 トップ5
1位 アップル、「iPad 2」の国内での発売を延期 (2011/3/16)
2位 【震災関連情報】ドコモ、スマートフォンで「災害用伝言板」のサービスを開始(2011/3/18)
3位 「計画停電」のスケジュールをチェックできるサイト・便利ツール(2011/3/18)
4位 【震災関連情報】スマートフォンで役立つ災害対策アプリ、BIGLOBEが「andronavi」で紹介(2011/3/15)
5位 【震災関連情報】radiko、サイマルラジオサービスが全国で聴取可能に、PCやスマートフォンで(2011/3/14)
 では、前週、2011年3月13日~3月19日の7日間に、アクセスが多かった当サイトの記事とランキングページをご紹介します。まずは記事のトップ5から。

 1位は、大震災の影響で残念ながら発売延期が決定した「iPad 2」の記事でした。日本国内の状況を考慮した苦渋の決断だったそうです。2位4位5位は震災関連、3位は計画停電に関する記事でした。現在、アップルの「App Store」やBIGLOBEが運営する「andronavi」などでは、緊急時に役立つアプリを紹介しています。いざという時にすぐに使えるよう、事前にインストールして使い方をチェックしておきましょう。

 続いて、ランキングページのアクセス数のトップ5。

 ・1位 携帯電話
 ・2位 デジタル一眼カメラ
 ・3位 コンパクトデジタルカメラ
 ・4位 ノートPC
 ・5位 液晶テレビ

 今回も前週と順位は変わらず。携帯電話が最もアクセスを集めました。3月第2週(2011年3月14日-3月20日)の週間携帯電話ランキングでは、3月15日発売のNTTドコモの「MEDIAS N-04C」が1位を獲得。前週に引き続き、2位には、au「S05」がランクインし、1位から6位までスマートフォンが並んでいます。

【過去記事】
週間携帯電話ランキング、auの「IS05」が2位初登場……2011年3月6日~3月12日のアクセス数トップ5
この春いちばん欲しいものは?……2011年2月27日~3月5日のアクセス数トップ5
Androidスマートフォンが話題を独占……2011年2月20日~2月26日のアクセス数トップ5
携帯電話ランキング、auの「IS04」を抑えてトップに返り咲いたのは「GALAXY S」……2011年2月13日~2月19日のアクセス数トップ5
携帯電話ランキングは、auの「REGZA Phone」が1位!……2011年2月6日~2月12日のアクセス数トップ5