レノボ、四つのパターンで画面を分割できるフルHD液晶ディスプレイ

ニュース

2010/07/28 20:07

 レノボ・ジャパンは、フルハイビジョン(フルHD)に対応する液晶ディスプレイの新製品として、23型「ThinkVision L2321x Wide」と21.5型「Lenovo L2230x Wide」を発売した。税別価格は「ThinkVision L2321x Wide」が5万3000円、「Lenovo L2230x Wide」が5万円。

 ともに、解像度1920×1080ピクセルのフルHD液晶を採用。アスペクト比は16:9。23型の「ThinkVision L2321x Wide」は、スクリーンを2画面に分割する「ThinkVision Duo」機能を備える。分割パターンは、1:1、1:2、2:1のほか、画面内に640×480ピクセルの別の画面を入れ込むPIP(Picture In Picture)モードに対応。合計四つのパターンで分割できる。 

ThinkVision L2321x Wide

 分割した画面には、外部入力ポートVGAとDisplayPortに接続した二つのPCからそれぞれの画面を表示できるので、二人で一つのモニタを共有できる。インターフェースはアナログRGB端子、DisplayPort、USB2.0×3。最大消費電力は28W。

 「Lenovo L2230x Wide」は、21.5型のUSB接続型の液晶モニタ。LEDバックライトを搭載する。キーボードマウス、ヘッドホン、LANケーブルを本体のポートに直接接続して使用できる。 

Lenovo L2230x Wide

 インターフェースはアナログRGB端子、USB外部入力端子、USB2.0×3、RJ-45×1、ヘッドホン出力/マイク入力×1。最大消費電力は60W。

オススメの記事