「エコポイント」制度が始まって1か月半以上が経った。スタートした5月の液晶テレビの販売台数は、前年同月比48.2%増と大幅に伸びた。6月は41.5%増で、若干伸び率は落ちたものの好調が続いている。特に6月後半には交換商品や交換に必要なポイント数が発表され、販売台数が伸びた。そんな、09年6月の液晶テレビの売れ筋トップ10を紹介しよう。

液晶テレビ 機種別ランキング 2009年6月
順位 メーカー名 品名 型番 画面サイズ 販売台数シェア
(%)
1 シャープ LC-32E5-B AQUOS 32V型 4.9
2 シャープ LC-20D50-B AQUOS 20V型 4.2
3 シャープ LC-32DE5-B AQUOS 32V型 4.1
4 シャープ LC-37ES50 AQUOS 37V型 3.0
5 ソニー KDL-40V5(B) BRAVIA ブラック 40V型 2.9
6 シャープ LC-32DX1-B AQUOS 32V型 2.8
7 シャープ LC-40AE6 AQUOS 40V型 2.8
8 東芝 32A8000 REGZA 32V型 2.6
9 東芝 19A8000(K) REGZA ムーンブラック 19V型 2.5
10 パナソニック TH-L32X1-K VIERA ディープブラック 32V型 2.3
「BCNランキング」6月月次 <最大パネル>


 1-4位は、シャープの製品が占めた。引き続き「AQUOS」の人気が続いている。1位は32V型の「LC-32E5-B」で、販売台数シェアは4.5%。5月のランキングでもトップを獲得した製品だ。消費電力は114Wで、市場推定価格(以下、価格)は8万4500円。続いて2位は20V型の「LC-20D50-B」で、シェアは4.2%だった。電源回路やバックライトの効率化など、あらゆる構成部品を見直し、消費電力量は55Wと6月に販売実績のあった20V型モデルのなかで2番目に低い。価格は6万2500円。

「LC-32E5-B」と「LC-20D50-B」

 3位には、32V型の「LC-32DE5-B」がシェア4.1%でランクインした。こちらは6月に販売実績のあった32V型モデルのなかで60Wと最も消費電力が少ない。価格は9万4600円。4位は37V型の「LC-37ES50」で、シェアは3.0%だった。解像度1920×1080のフルハイビジョンパネルを搭載。消費電力は195Wで、価格は13万2800円だ。

「LC-32DE5-B」と「LC-37ES50」

 5位はソニーの40V型「KDL-40V5(B)」で、シェアは2.9%。こちらもフルハイビジョン表示に対応している。先月のランキングでは6位で、シャープ以外の製品としては5月6月ともに最上位にランクインしている。6月に販売された40V型モデルのなかでは129Wと消費電力が2番目に少ない。価格は15万7700円。

KDL-40V5(B)

 6月のランキングは、5月に引き続き省エネ性能が高いモデルが上位にランクインした。また、直近の6月29日-7月5日の液晶テレビの販売台数・前年同週比は71.9%増を記録。これは、エコポイント制度がスタートしてから2番目に高い伸び率だ。


 トップはスタート直後の5月18日-24日の週で76.9%増。6月に入って徐々に伸び率が下がってきていたが、6月19日に環境省がエコポイントの交換商品を発表。金券などとも交換できるという詳細が知られるようになるにつれ、薄型テレビの購入を決める消費者が増え、伸び率の回復につながったようだ。(BCN・武井美野里)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで124品目を対象としています。

*記事中の「市場推定価格」は、記事掲載時点のものです。市場推定価格は、「BCNランキング」のデータをもとに独自に算出した推定値で、消費税込みの金額で表記しています。