タッチパネル液晶を搭載した一体型PC「Eee Top」を一足先に使ってみた

レビュー

2009/04/03 20:50

 08年は、低価格のモバイルノートPC「Eee PC」を市場投入し、「ミニノートPC」という新たなブームを巻き起こしたASUSTeK Computer(ASUS)。このASUSが、4月4日にタッチパネル液晶を搭載した一体型デスクトップPC「Eee Top」を発売する。さっそく実機をお借りし、使い心地を確かめてみた。

「Eee Top」ってどんなPC? PCが苦手な人や子どもでも使えそう!!



 「Eee Top」は、解像度1366×768ドットの15.6型ワイド液晶の背面に、PC本体を搭載した液晶一体型のデスクトップPCだ。CPUAtom N270(1.6GHz)、メモリは1GB、HDDは160GB、OSはWindows XP Home Edition。ここまでのスペックは「Eee PC」などのミニノートPCとほぼ同程度。価格面でも、6万4800円と、やはり同じぐらいだ。


 特徴は、タッチパネルを搭載していること。液晶画面に指先やタッチペンで軽く触るだけで、インターネット接続や、アプリケーションの起動などの操作ができる。例えば、よく閲覧するサイトを「お気に入り」に登録しておけば、画面にタッチするだけでサイトに接続したり、コンテンツを閲覧でき、マウス操作が苦手な人でも操作できる。

指でもタッチペンでも操作できる

 また、130万画素のWebカメラとともに、映像にフレームやエフェクトを加えるソフト「Eee Cam」を搭載している。映像編集用ソフトというと、少しとっつきにくい感じがするが、「Eee Cam」は画面に表示されたフレームや、冷や汗、キスマークなどの効果をポンポンとタッチするだけで、映像に効果を追加することができる。「Skype」や「メッセンジャー」などの映像を楽しくデコレーションできるし、キャプチャして「YouTube」にアップロードすることも可能だ。

大き目のアイコンを採用しているため、タッチしやすい

 アイコンをタッチするだけでアプリケーションを起動するなど、直感的な操作ができるため、PCが苦手な人や、子ども向けPCとして活躍してくれそうだ。このほか、タッチパネル対応のアプリケーションやゲームなどを収録しているので、購入してすぐ「Eee Top」の魅力を体験することができるだろう。

タッチパネル対応アプリケーション「Eee Memo」を試してみた



 今回はタッチパネル対応のアプリケーションとして、手書きの文字やイラストをメモとして残すことができる「Eee Memo」を使ってみた。「Eee Memo」は、家族への伝言や、ちょっとしたメモを残すのに使えそうなツールだ。

 メモは画面の左上に、透明なケースに入れられている。実際のメモは1枚1枚めくって剥がすタイプが一般的だが、このデジタル「メモ」は、透明のケースから1枚1枚下に引き出すというスタイルだ。なお、メモはグリーン、イエロー、ピンク、ブルーと4色あり、家のマークやハートマークなどが付いている。家族で色分けしたり、メモの内容やその日の気分によって使い分けてもいいだろう。

「Eee Memo」を起動 4色のメモが用意されている

 メモを引き出すと、自動的に入力モードに切り替わり、メモが拡大表示され、背景が暗くなる。この状態で指やタッチペンで文字やイラストを書くことができる。線の色は変更可能で、黒、赤、青、緑の4色から選択できる。色の変更はボタンを押すだけだ。また、消しゴム機能も搭載。実際に書いてみると、ホワイトボードに文字を書き込むような感覚で、文字やイラストを書くことができた。

 書き終わったメモは「OK」ボタンを押すだけで保存でき、アプリケーション画面の好きなところに貼り付けておくことができる。テキストデータのように、保存場所やファイル名を設定する必要がないので簡単だ。

左は入力画面、書き込んだメモは好きな所に貼ることができる

 いらなくなったメモや読み終わったメモは、ゴミ箱にこまめに捨て、表示エリアを整理しておいた方がいいだろう。ゴミ箱がいっぱいになったらゴミ箱を空にすることもできる。マウスを右クリックする必要はなく、ボタンを押すだけで簡単にでき、「シュワッ」と蒸発するようなアクションで、ゴミ箱の中がキレイになる。

 書き込んだメモは指先やタッチペンを使って、あちこちに移動することができるが、メモの移動中に押してしまうと入力/編集モードに切り替わってしまう。操作には慣れが必要だった。

PCというより、家電といった雰囲気の「Eee Top」



 「Eee Top」を借りて、しばらく使っていたが、なんとも家電っぽいPCだった。文字の入力も、手書き入力に対応していたり、ソフトキーボードを搭載しているので、指先とタッチペンだけで行える。これまでのPCといえば、キーボードとマウスがなければ操作できなかったが、これなら本体のみでも使用できそうだ。例えば玄関に置いて、今日の予定をメモに書き込んだり、キッチンに置いてレシピを検索したり……。

 ミニノートPC「Eee PC」と同様、「ネットブック」としての利用を想定している「Eee Top」だが、タッチパネルを搭載したことで、PCの操作が苦手な人や子どもなど、使用ユーザー層を広げることができそうだ。PCとしても、家族とのコミュニケーションツールとしても活躍してくれそうなASUSの「Eee Top」。一度体験してみてはどうだろうか?(BCN・山下彰子)

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111350');

オススメの記事