パナソニックは1月7日、新3MOSセンサーを搭載し、総画素数915万画素の高画質化を図ったデジタルビデオカメラ新製品4機種を2月5日に発売すると発表した。価格はオープン。


 4機種とも、記憶媒体としてSDメモリカードを採用、このうち3機種はHDDまたはフラッシュメモリを内蔵したハイブリッドタイプ。ラインアップと実勢価格は、120GBのHDDを内蔵した「HDC-HS300」が16万円前後、80GBのHDDを内蔵した「HDC-HS200」が14万円前後、32GBのメモリを内蔵した「HDC-TM300」が15万円前後、SDメモリーカードのみ対応の「HDC-SD200」が13万円前後。

 各モデルとも、305万画素の1/4.1インチMOSセンサーを3つ搭載することで高画質化を図り、総画素数は従来モデルの約5倍の915万画素、動画有効画素数は約4倍の621万画素を実現。高精細で色彩豊かな映像を再現できる。

 また、動く被写体を自動で追尾してピントと明るさを自動で調整する世界初の機能「追っかけフォーカス機能」を搭載。動く被写体をきれいに撮影できることが特徴。ズーム機能は、光学12倍、デジタル30倍、スーパーデジタル120倍に対応している。

 本体サイズは、「HDC-HS300」が幅70×高さ73×奥行き141mm、約460g。「HDC-HS200」が幅69×高さ73×奥行き133mm、約420g。「HDC-TM300」が幅70×高さ72×奥行き141mm、約385g。「HDC-SD200」が幅68×高さ68×奥行き133mm、約335g。

 カラーは、120GBのHDDを内蔵した「HDC-HS300」と32GBのメモリを内蔵した「HDC-TM300」がブラックとシルバーの2色。そのほかの2機種はブラックのみ。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');