フィッシング対策協議会は9月10日、インターネット利用者から個人情報を詐取する「フィッシング」に対するガイドラインをサービス事業者と消費者向けに策定したことを発表した。

 「フィッシング対策ガイドライン」は、日本で初めて、サービス事業者と消費者それぞれにおけるフィッシング詐欺対策指針についてまとめたもの。消費者や事業者が被害に遭った際の行動や事業者による顧客の啓発、フィッシング被害を未然に防ぐ予防措置など体制整備の指針について記述した。

 サービス事業者におけるフィッシング詐欺対策では、フィッシング詐欺被害を抑制や発生の検知のための対策、被害が発生してしまった際の対策について記載する。一方、消費者におけるフィッシング詐欺対策については、被害への備えや詐欺に遭ってしまった時の行動指針についてまとめている。行動指針は、実施の重要度を「実施すべき」「実施を推奨」「場合によっては実施すべき」の3段階で参考表示し、事業特性などにより適用範囲を調整できる。