TSUTAYA、アクトビラで映画や海外ドラマを有料配信、40代顧客の獲得を狙う

ニュース

2008/06/05 19:36

 TSUTAYAは6月5日、アクトビラのデジタルテレビ向けビデオ・オン・デマンド(VOD)映像配信サービス「アクトビラビデオ・フル」で、映画や海外ドラマの有料配信を6月6日に開始すると発表した。「トランスフォーマー」「オーシャンズ13」となどの映画や「HEROES/ヒーローズ シーズン1」といった海外ドラマなどの配信からはじめ、6月中にハリウッドの映画を中心に200タイトルを配信。1年後には2000本までタイトルを拡充する。


 配信する画質は、従来画質、ワイドサイズの従来画質、ハイビジョン(HD)画質の3種類。7割はHDで配信する。1本の料金は従来画質が420円、ワイドサイズの従来画質は525円、HDが725円。そのほか、海外ドラマ向けに4-5話分をパックにした料金プランも用意する。


 TSUTAYAによると、同社のレンタル店を利用しているのは20代が中心だという。一方、アクトビラの利用者は40代が多く、アクトビラを通じてこの層を中心に顧客の拡大を狙う。TSUTAYA BBの渡邉健社長は会見で「あらゆるプラットフォームを使ってHDやBDの高画質映像のすばらしさを会員や消費者に伝えていきたい」と抱負を述べた。初年度で5万人の利用者獲得を目指す。

 アクトビラは松下電器産業、ソニーシャープ日立製作所、東芝ソネットエンタテインメントが共同出資で06年7月に設立したテレビ向けインターネットサービス「アクトビラ」の運営会社。「アクトビラ ビデオ」のほか、静止画や音声を無料で配信する「アクトビラベーシック」を提供。現在、40万台以上のテレビが接続してサービスを利用している。HD配信ができる「アクトビラ ビデオ・フル」は松下、ソニーなど5社の23機種の薄型テレビが対応している。

 現在はストリーミング配信のみだが、ダウンロード販売や電子マネーを使った決済導入も検討している。アクトビラの久松龍一郎副社長は「サービスの利用は増えているが、認知度はまだ低い。今後は大手家電量販店のテレビ売り場でデモを展開することで、利用者をさらに増やしていきたい」と述べた。

 

オススメの記事