ソースネクスト(松田憲幸社長)は、統合オフィスソフト「Microsoft Office」の操作方法を学ぶトレーニングソフト「特打式」シリーズで、Office 2007に対応した「特打式 PowerPoint編」と「特打式 Office Pack」を6月5日に発売する。価格は「PowerPoint編」が1980円、「Office Pack」が4980円。

 「特打式」シリーズは、操作方法を学ぶトレーニングソフトで、お手本ムービーを見て、その場で操作しながら覚えるという効果的なプログラムが特徴。

 「PowerPoint編」では、PowerPoint 2007のお手本ムービーを約4時間分収録し、ストーリー仕立てのレッスンで、初心者でも楽しく簡単に操作方法が習得できる。新しいユーザーインターフェイスの「リボン」や、「SmartArt」などの新機能のほか、プレゼンテーションに効果的なアニメーションの演出方法など、使用頻度の高い全54操作を習得することが可能。間違った操作は自動で記録するほか、わからない操作を調べる「ミルヤル事典」も収録しており、レッスン後も繰り返し何度でも復習することができる。Office 2002/2003を習得できる前シリーズのコンテンツも収録した。

 「Office Pack」は、「Word編」「Excel編」「Excel Professional編」に、加え、「PowerPoint編」の4製品を収録した特別パックで、新旧Officeに対応する。お手本ムービーを約11時間を収録し、全240操作が学べる。

 対応OSは、両製品ともにOffice 2007を使用する場合はWindows Vista/XP、前シリーズのOffice 2003を使用する場合はWindows Vista/XP/2000で、Office 2002を使用する場合はWindows XP/2000。