はなまる、500円で毎日うどんが食べられる「うどん定期券」

ニュース

2008/03/26 15:16

 はなまる(河村泰貴社長)は同社が運営する「はなまるうどん」各店で、「うどん定期券」を4月1日から順次発売すると発表した。価格は500円で有効期限は1か月。「定期券」を購入すると、うどんやセットメニューの商品代金が、毎日1回105円引きになるもの。105円のかけうどん(小)なら1か月間毎日1食無料で食べられる。販売した店舗のみ有効で、店舗ごとに枚数限定で販売する。

 4月1日に飯田橋東口店、大久保駅前店など28店舗で開始するのを皮切りに、4月7日に26店舗、4月9日に18店舗と順次発売、4月16日までに全国の104店舗で販売する予定。同社では「新規顧客の獲得と来店頻度を高める目的で06年に開始して今年で3年目。これまで完売した店も多く好評で、今年も実施することにした」(広報)としている。

 同社は2000年5月、香川県高松市に「木太店」を出店し創業。02年年9月には「はなまるうどん渋谷公園通り店」で東京に進出し話題を呼んだ。05年に本部を東京に移転、06年には吉野家ディー・アンド・シーの連結子会社になった。08年3月現在の店舗数は全国で214店舗。

オススメの記事