シャープ、業界最薄3.4cmの「AQUOS」ほか、新液晶テレビ3シリーズ

ニュース

2008/01/24 21:08

 シャープは1月24日、液晶テレビAQUOS(アクオス)」で、最薄部3.4cmのパネルを搭載した「Xシリーズ」をはじめ、「Eシリーズ」「D30シリーズ」の計3シリーズ20機種を2月9日より順次発売すると発表した。

 いずれも「AQUOSファミリンク」に対応。同社製DVDレコーダーやサラウンドシステムなどの対応機器とHDMIケーブルで接続すれば、機器間で連携して操作できる。全機種で省エネを図り、バックライトの寿命は約6万時間を実現した。地上アナログと地上・BS・110度CSデジタルの各チューナーを搭載する。

 「Xシリーズ」は、超薄型液晶パネルの採用と部品の集積化で、国内市販の液晶テレビとして最薄の3.44cmを実現。ディスプレイとチューナーを分離させて、設置の自由度も高めた。倍速フルハイビジョン(フルHD)表示が可能で、視野角は上下左右とも176度、コントラスト比は15000:1。本体の薄型化に合わせて新たに開発した3ウェイ8ユニットで構成するボックスタイプスピーカーも搭載した。液晶ディスプレイとチューナーはHDMIケーブルで接続。3基のHDMI入力端子をはじめ、D5入力端子3基、LAN端子なども備える。デザインは「AQUOSブルーレイ」と統一。設置した時の見た目にも配慮した。本体サイズは幅43.0×高さ7.1×奥行き31.8cm、重さは4.7kg。


 別売りでワイヤレス伝送システム「AN-AV500」も提供。液晶ディスプレイとチューナー間を無線接続することもできる。壁で隔てていなければ最大20m離れた場所からの伝送が可能。画面サイズは、46V、42V、37V型で、実勢価格は46V型が48万円前後、42V型が43万円前後、37V型が35万円前後。発売日は3月1日。


 「Eシリーズ」は倍速フルHDパネルを搭載したフルHD映像へのエントリーモデルでコントラスト比は15000:1。明るい場所で視聴しても、画面の映り込みを軽減する低反射パネルを採用した。ブラウン管テレビからの買い換え需要を狙う。画面サイズは、52V、46V、42V、37V型で、実勢価格は52V型が45万円前後、46V型が40万円前後、42V型が36万円前後、37V型が26万円前後。発売日は3月1日。


 「D30シリーズ」は、個人視聴の2台目用途に開発した「D10シリーズ」の後継。画面サイズは32V型、26V型、20V型で、従来のブラック、ホワイト、レッドの本体カラーに、新たに32V型と20V型でグリーンとベージュの2色を追加した。32V型と26V型では、本体両サイドに重低音を強調する新開発の「サイドポート・バスレフ」方式のスピーカーを搭載し音質を向上させた。20V型では奥行き18cmの薄さで省スペース性を追求した。実勢価格は32V型が17万円前後、26V型が15万円前後、20V型が11万円前後。発売日は2月9日。


 杉野道幸・AVシステム事業本部液晶デジタルシステム第一事業部長は「今回のシリーズは、画質・音質・デザイン・省エネといった面で高い性能を持っている。世界最高峰の液晶テレビシリーズとして、ユーザーに提供していきたい」と自信を見せた。


 松本雅史副社長は「今年は北京オリンピックによる需要の加速が見込めるとともに、社会の省エネ意識の高まりもある。高い省エネ性能をもつ液晶テレビへの期待は高まるはず。2008年は高画質化と省エネ性能の2つを柱として、ユーザーの要望に応えたい」と今年の意気込みを語った。

オススメの記事