ニフティ(和田一也社長)は10月30日、同社が運営するインターネットサービス「@nifty」で、釣りポータルサイト「@niftyつり」を開設した。利用料は無料。大手ISPが釣りに特化したポータルサイトを提供するのは、今回が初めて。


 旬の魚の釣り方や仕掛けなどの攻略情報やレポート記事の紹介をはじめ、関東を中心とした海釣りのスポットや船宿など、釣りの初心者から上級者まで役立つ情報を提供する。

 船宿情報は1000軒以上掲載し、連絡先やアクセス方法、設備や料金などを調べることができる。また、100軒以上の船宿から毎日送られてくる、釣りの成果や釣り上げた魚の数や大きさといった釣果情報を無料で入手することが可能。釣果情報は、魚の種類別と釣り場別に切り替えて表示できるため、旬の魚や身近な釣り場をすばやく確認することができる。釣り業界最大手の釣り情報誌「つり情報」が提供する関東近郊の主な「陸(おか)っぱり」釣り場ガイドや、季節の釣りもの、各釣り場内での細かなポイントなどを知ることもできる。

 さらに、@nifty会員ならば、いつ、どこに何を釣りに行ったかを「釣行日誌」として作成・公開することができる。日にちや場所を入力すると自動的に潮汐情報が反映されるため、全国の天気予報にあわせて、グラフ化した潮汐データや日の出・日の入り時間をセットで表示することで、釣りに便利な天気予報として活用できる。入力した釣行データの一部を、「ココログ」をはじめ各種ブログの記事中に貼り付けることも可能。

 今後、全国を対象とした釣果情報や、淡水釣りの情報などを追加するとともに、利用者が登録する釣行データの集合知を活用したコミュニティサービスの充実を図る。

ニフティ=http://www.nifty.co.jp/
「@niftyつり」=http://fishing.nifty.com/