河合楽器、認識精度を高めた楽譜認識・作成ソフト「スコアメーカーFX2」

ニュース

2007/10/11 10:50

 河合楽器製作所は10月10日、楽譜をスキャンして演奏するソフト「スコアメーカーFX2」シリーズ3タイトルを10月31日に発売すると発表した。

 「スコアメーカー」は、スキャナで読み取った楽譜をパソコンで編集・印刷・演奏することができる楽譜認識・作成ソフト。最新版では、独自の記号や譜表の検出技術、楽典推定処理技術を改良し、認識精度を向上させた。スキャナで楽譜を取り込み電子楽譜形式に変換する認識精度と、認識する対象記号の豊富さは世界最高クラスという。

 ラインアップは、従来の価格帯のスタンダード版「スコアメーカーFX2」と、使用環境や記譜ルールなどをカスタマイズできる最上位版「スコアメーカーFX2 Pro」、楽譜認識機能を省き、楽譜作成機能に特化した廉価版「スコアメーカーFX2 Lite」の3タイトル。「スコアメーカーFX2」「スコアメーカーFX2 Pro」はアカデミック版も用意した。

 最上位版「スコアメーカーFX2 Pro」は、楽器のキーや音色をあらかじめ設定できる「パートテンプレート機能」を搭載。譜表の種類、音部記号、音色などが設定された譜表ごとのテンプレートを、ジャンルや用途によって絞り込んで選択し、それらを作成する楽譜のパートに割り当てるができる。よく使う楽器のキーや合唱用の音色などをあらかじめ設定しておけば、楽譜作成のたびに細かい設定をすることなく、効率的に楽譜を作成可能。さらに、タブ譜の詳細設定が行え、5弦ベースなどのタブ譜も作成できる。ウクレレのような変則的なチューニングの楽器にも対応する。

 また共通の特徴として、歌詞で使用するフォントの種類やサイズ、色などを一括管理できる「歌詞スタイル機能」を追加し、音節単位でスタイルやフォントを変更できる。歌詞の入力や編集を感覚的に行える「歌詞リボン機能」も搭載した。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 価格は、「スコアメーカーFX2 Pro」が6万3000円、「スコアメーカーFX2」が3万9900円、「スコアメーカーFX2 Lite」が1万5750円。「スコアメーカーFX2 Pro アカデミック」が5万400円、「スコアメーカーFX2 アカデミック」が2万9400円。

河合楽器製作所=http://www.kawai.co.jp/
「スコアメーカーFX2」=http://www.kawai.co.jp/cmusic/products/scomwin/index.htm


■関連記事
本日の機種別ランキング【サウンド関連ソフト】
河合楽器、合唱用の練習ソフト、合唱指揮者・松下耕氏の監修でより実践的に
河合楽器、耳コピもデジタルに!音楽CDから「コード」を自動検出するソフト

オススメの記事