ウェザーニューズ、「台風情報」に過去56年間の台風情報データベースを追加

ニュース

2007/09/05 21:13

 ウェザーニューズ(草開千仁社長)は9月5日、総合気象サイト「ウェザーニュース」内のコンテンツ「台風情報」に、過去56年間に発生した台風を検索し、詳細を確認できる新機能「過去台風データベース」を追加したと発表した。

 「過去台風データベース」は、過去56年間分すべての台風の「進路」「台風発生時」「台風の強さ・規模」などを確認できるサービス。発生した「年」「月」「最低気圧」「最大風速」などの数値、「日本上陸・通過のみ表示」などの条件を設定し、その条件に合った台風のみを抽出して表示することもできる。ただし、「最大瞬間風速」「日本上陸・通過のみ表示」は適用期間に制限が生じる場合ある。この機能を使うことで、現在発生している台風の規模と過去の台風データを比較し、防災に役立てることができる。

 同時に、操作性を高めるため、マウスの直感的な操作で、台風の進路が表示された地図を自由に動かせる機能を追加。画面上のマップをマウスでつかんで上下左右に動かせば、日本列島周辺の状況もあわせて確認できる。

ウェザーニューズhttp://weathernews.com/
「台風情報」=http://weathernews.jp/typhoon/


■関連記事
ウェザーニューズ、過去2時間の落雷状況をチェックできる「雷情報」を開始
ウェザーニューズ、「台風情報」に被害シミュレーションや実況レポを追加

オススメの記事