パイオニア、BDの再生に対応するWindows PC用内蔵型DVDドライブ

ニュース

2007/07/24 18:20

 パイオニアは7月24日、ブルーレイディスク(BD)の再生が可能なSerial ATA接続の内蔵型DVDスーパーマルチドライブ「BDC-S02J」シリーズを8月上旬に発売すると発表した。販売元はエスティトレード。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 市販のBD-ROMに加え、BD-R(1層・2層)、BD-RE(1層・2層)の再生に対応しており、BDレコーダーなどで録画したディスクも再生できる。片面1層・2層のDVD±Rをはじめ、DVD±RW、DVD-RAM、CD-RWなど、従来のDVD/CDの記録・再生にも対応。片面1層のDVD-R、DVD+Rでは、最大12倍速で書き込める。

  ディスクの厚みのばらつきによる収差だけでなく、光学系のボケを補正する「マルチエフェクト液晶補正機構」を採用し、安定したディスク記録・再生を実現。ディスク回転時に発生する気流を利用した内部循環システムによる冷却機構も採用する。

   カラーはベージュとブラックの2色。ソフトウェアは、DVD再生ソフト「PowerDVD v7」、DVD/CDオーサリングソフト「PowerProducer v4」、バックアップツールソフト「PowerBackup v2」などが付属する。

パイオニアhttp://pioneer.jp/
エスティトレード=http://www.st-trade.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(内蔵記録型DVDドライブ)
パイオニア、フィルム映画の質感を再現できるBDプレーヤー
パイオニア、仮想サラウンド技術搭載のホームシアターシステム3機種

オススメの記事