日産自動車(カルロス・ゴーン社長)は4月17日、車両と歩行者の交通事故の低減を目指し、携帯電話を使ったITS(高度道路交通システム)の開発と検証実験を開始すると発表した。

 日産自動車(カルロス・ゴーン社長)は4月17日、車両と歩行者の交通事故の低減を目指し、携帯電話を使ったITS(高度道路交通システム)の開発と検証実験を開始すると発表した。

 07年4月以降、携帯電話事業者が新規に販売する第3世代携帯電話には、原則としてGPSによる位置情報通知機能が搭載される。このことを受け、日産では、歩行者が所持する携帯電話の位置情報を利用して、車のドライバーと歩行者が所有する携帯電話を通信させ、「車から見えにくい場所にいる歩行者」の位置を把握して、交通事故の低減を目指すITSを開発する。

 具体的には、携帯電話のパケット通信を利用し、車両のプローブ情報(走行情報)と歩行者が持つ携帯電話の位置情報を収集。収集した情報から走行車両と歩行者の位置関係を明らかにする。また、車両の進行方向前方に存在する歩行者を検出し、注意喚起が必要と判断した場合に、歩行者の存在情報を車両へ提供する。

 今後、車両・歩行者の進行方向、車両の走行速度や歩行者の移動速度、さらに車両と歩行者の距離など、さまざまな条件に応じて実験を行い、どのような歩行者の情報をどのようなタイミングでドライバーへ知らせるのが交通事故の低減に寄与するのかを検証する。また、画面表示、音声など、ドライバーへの最適な報知方法もあわせて検証する。なお、同システムの開発・実験で利用する携帯電話の通信技術については、NTTドコモの技術協力を得て進める。

 日産は、06年10月から神奈川県で、交通環境の情報を利用した交通事故低減と、渋滞緩和を推進する「SKY(スカイ)プロジェクト」の実証実験を行っている。今回の取り組みは、同プロジェクトの発展を主眼に実施するもので、「SKYプロジェクト」で効果を検証して成功事例を築き、これを広く普及していきたい考え。