ジャストシステムは4月3日、ワープロや表計算、ホームページ作成、プレゼンテーション、メールなどのPC学習をサポートする中学・高校向け学習支援ソフト「ジャストジャンプ3@フレンド」を6月29日に発売すると発表した。

 中学・高校で行われるPC関連学習をサポートする学校向けのソフトで、情報教育授業に必要なソフトや、すぐに使えるスライドやワークシートなどの教材、授業運営のための実践事例集、教師の授業例を紹介する「情報モラル実践ガイド」などを同梱する。

 最新版では、情報モラルや知的財産権に関する知識などを体験を通して学べる機能やコンテンツを強化。発信した情報に対する責任意識や、情報を受け取る側への配慮を身につけるため、チャットを体験しながらネット上でのコミュニケーションマナーを学ぶ機能を新たに追加した。

 プロジェクト学習としてソフト制作過程を体験し、知的財産権に対する理解を深めるプロジェクト型学習体験ソフト「ソフトデザイナー」を新たに搭載。プレゼンテーション資料の作成機能やペイント・レタッチ機能など、自分の意見や考えをまとめ表現する力を育むための機能も向上させた。

 このほか、日本語を重視した機能として、日本語入力システム「ATOK 2007」、日本語に関するドリルを解きながらタッチタイピングを学ぶ「たたいて気づく『問題な日本語』」、入力しながらことばの意味を調べることができるATOK連携電子辞典「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典/R.2」も同梱する。

 対応OSは、クライアントがWindows Vista/XP/2000、ユーザー管理ツールがWindows Server 2003/2000 ServerとWindows XP/2000、サーバーがWindows Server 2003/2000 ServerとRed Hat Linux 9。

 税別価格は1ライセンスあたり2万5000円。また小学校向け学習支援ソフト「ジャストスマイル3@フレンド」のWindows Vista版も、1ライセンス税別2万5000円で同時に発売する。